teacoのブログ

「ソフティモ」ってほぼほぼ伊野尾くんじゃん。

アイドルのスキャンダルが辛い訳

いやーーーまいったまいった、小心者すぎて全く自分から詳細検索できないんだけどさー、つら。なんかあれなんだねー、こうゆう記事出て何が辛いって、「身の施し方がない」っていうのが一番辛いんだねー。

恋人に裏切られたわけでも、片思いしている彼に彼女がいたわけでもないから、真っ正面から取り乱して泣いたり傷つくこともできないし、かといってまぁあるよねーハイハイみたいに訳知り顏で平静を装うこともできないし、プロ意識云々みたいな理由つけて自分の動揺を大好きなアイドルのせいにもしたくないし、相手の女性を見下したりするのもなんか醜いなぁって思うし、ただそこには絶対的な動揺があって、その動揺にうまく理由をつけたり整合性をつけることで自分のなかでの対処法を決めて消化していく作業ができなくって、だからこんなに辛いんだなーって、思った。身の置き場所がないのな!!!!!!

「アイドルを好き」っていうのはそこに関係の発展を求めるわけではないところが、恋愛感情の「好き」とは全くの別物で、でもじゃぁただの成果物としての楽曲やパフォーマンスや公の場での言動という「アイドル業」だけを好きなのかといわれるとそうではなくてやっぱりその人自体がまるっと好きだから、その人間に向けられてる好意はどこか「恋愛感情」に重なる部分もあるんだなーっていうのがアイドルを好きになってみて初めて知った感情。

アイドル好きになっていろんな初めての感情を知ったから今回の感情も、そうですかそうですか、こうゆうことですかって静かに辛くなりながら、ごろんごろんとのたうちまわりながら、うまいもんでも食べて今日はもう寝よ。