teacoのブログ

「ソフティモ」ってほぼほぼ伊野尾くんじゃん。

伊野尾くんが舞台に初主演する。

こんなに嬉しいことってあるか。

 

私の!自担の!Hey!Say!JUMPの伊野尾慧くんが、舞台「カラフト伯父さん」の主演を果たすことが決定いたしました!!!!!!

もう何度でも言いたい。

私の!自担の!Hey!Say!JUMPの伊野尾慧くんが、舞台「カラフト伯父さん」の主演を果たすことが決定いたしました!!!!!!

ちょっと2015年明けてまだ8日しか経ってないとは俄かに信じがたいくらいめまぐるしい2日間が過ぎた。え、地球まだ8回しか回ってないの??嘘だね。私の中ではもうぐるんぐるん高速回転キメてるんだけど。地球まわりすぎ。

 

昨日1月7日早朝、仕事に出かける支度をいそいそとツイッターを覗いた私の下に飛び込んできたのが「おしゃれヘアカタログ単独表紙」の一報だった。なんじゃそりゃ。「単独表紙」。もうそれだって飛び上がりたいくらいうれしくって、実際ほとんどスキップしながら出勤した。伊野尾くんの2015年明るすぎるだろう。晴れ晴れしく幕を開けるにもほどがあるだろう。私の中で伊野尾くんの時代の到来を告げるファンファーレが高らかに鳴り響き、街中の人々はみな花吹雪をまき散らしながら踊り歩いていた。

実はこの一報を聞いた昨日の私は、伊野尾くんの2015年の大快進撃を確信し、それを全て丁寧に記録をしなければ、という使命感のもとで、はてなぶろぐに「伊野尾くんの2015年」という記事を作成し、「1月7日 おしゃれヘアカタログ単独表紙が決定する」って打ち込んで、そっと「下書きを保存する」をクリックした。これから来る伊野尾くんの活躍をひとつのこらず打ち込んでいって、12月31日それを眺めて幸せな一年だったって振り返るんだって思ってた。

まさかその1日後「1月8日 舞台初主演が決定する」って打ち込むことになるとはさすがにその時の私も思ってなかった。

私の想定をはるかに超えてくる伊野尾くんが、ありえないほどかっこいい。

今日は仕事が忙しかった。ばたばたしていた。朝ちょっと嫌なことがあって、暗い気持ちで家をでた。心ががさがさしていた。いつもよりも少し遅くなったランチタイム、携帯を開くと1通のメールが届いていた。

「Hey!Say!JUMPメール伝言板

昨日の「おしゃれヘアカタログ」のことかしら、それとも裕翔くんの月9のなにかかしら、そんな気持ちでメールを開いた。

「伊野尾慧出演 舞台「カラフト伯父さん」決定!」

いや待ってくれ。決定!じゃないから。そんな突然に軽い調子で言われても困る。ちょっと待ってくれお願いだから待ってくれ。少し理解する時間をくれ。これはいったいどう意味だ。

私は頭からもう一度その文字を呼んだ。伊野尾慧、うん、知ってる。出演?舞台?カラフト伯父さん???決定??????えっ、これって伊野尾くんが、「カラフト伯父さん」っていうタイトルの舞台に出演するっていうこと?もしかしてそうゆうことが書いてあるの???えーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

 

嬉しい。

 

嬉しいと楽しみしかない。

 

「カラフト伯父さん」とは、震災を描いた物語であるらしい。2005年に岡田義徳さん主演で上演されており、神戸を舞台に、阪神大震災で心に深い傷を負った3人が希望を取り戻すまでを心温まる筆致で描いた物語だという。私は伊野尾くんのことを何も知らないけど、私が想像するにそれは伊野尾くんがこれまでやってきたこととそしてこれからやりたいと思っていることのまさに交差点のような仕事なのではないか、と思った。そうゆう仕事が降ってきたのほんとうによかったねって思うし、それは伊野尾くんが取ってきたものだから、伊野尾くん本当にかっこいい。2005年にやった公演の情報を見る限り、「涙と笑い、 エロス、残酷あり、スピーディーな場面処理あり」「意思の疎通のズレが大きな波紋に広がる怖さ、身勝手さの悲しさ三者三様のダメ人間ぶりにはごく普通の人間像でもある」といった劇評から、演劇としてもすごく面白そうな、私が好きそうな予感がぷんぷんしている。

もうあまりに嬉しいから記事とかリンク貼るよ。

Hey!Say!JUMP伊野尾慧、主演舞台『カラフト伯父さん』4月上演決定 - エンタメ - ニュース - クランクイン!

ちなみに2005年の公演に関するページはこちらみたいです。トムプロジェクト

 

嗚呼ほんとうに伊野尾くんを好きになってよかった。100ぱーせんとの自信を持って、宇宙で一番幸せだ!!!って叫びたい気分だ。馬鹿みたいに叫んで飛び回りたい。ぴょんぴょんじゃんぷしながら帰りたい。

初めてのお芝居で、初めての主演で、きっとすごく大変だと思う。私なんかが想像できないくらい、とても大変なことだと思う。すごく苦労すると思う。でも伊野尾くんはきっとすごく立派に、不器用であってもしなやかに、やってのけるんだろうなって思ってる。そしてぜったい伊野尾くんの人生の中に残る大きな経験だってわかるから、それを今一緒に目撃できる有難さに涙する。去年伊野尾くんを見つけた自分を褒めたい。

いったいこれからどんな伊野尾くんを見せてくれるのか楽しみで楽しみでたまらない。未来が楽しみで堪らない人を好きになったことがすっごく誇らしいし世界中に自慢してまわりたい!!!!

 

伊野尾くん、舞台主演おめでとうございます!!!!!

すっごく楽しみです!!!!!!